アメリカ南部アトランタから日々の出来事、ハンドメイド、アンティークの事などを綴っています


by momopudding

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
はじめまして
shopping
everyday living
cooking*baking
holiday
handmade*craft
gardening
antique*collectible
未分類

以前の記事

2016年 12月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

フォロー中のブログ

 フランス生活便り
~Shabby Chic...
Cafe MELLOW+
le lion **刺し...
*Lotus Ring*
Gallery R
~ わんこと私と and...
フレンチシックな家作り。...
小さな幸せ

*委託ショップさま*
Essence

Flag Counter

*Honeysuckle Vine*
ホームページはこちらからHoneysuckle Vine

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ


Martha Stewart Living [US] April 2015 (単号)


Martha Stewart's Baking Handbook


Martha Stewart's Homekeeping Handbook: The Essential Guide to Caring for Everything in Your Home


French Country Living


Flower Hat


ノスタルジックなクローゼット


おばあちゃんの台所


おばあちゃんのエプロン


Cooking from Quilt Country: Heart Recipes from Amish and Mennonite Kitchens


New Recipes from Quilt Country: More Food & Folkways from the Amish & Mennonites

検索

タグ

(45)
(21)
(20)
(15)
(14)
(13)
(12)
(10)

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新の記事

Our Christmas ..
at 2016-12-30 17:16
ラヴィドリュクスin名古屋パ..
at 2016-10-13 13:23
Instagramで遊んでます♪
at 2016-10-10 16:11
ラヴィドリュクスin吉祥寺パ..
at 2016-05-21 04:26
Happy Easter!!
at 2016-03-29 16:11

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ハンドメイド

画像一覧

memorial day

28日、アメリカはmemorial day、戦没者追悼記念日。祭日です。
最初は南北戦争で亡くなった方達を追悼する為に始められた記念日ですが今では国の為に
命をおとした軍人全てを追悼する日となってます。

私の住むアトランタ郊外には南北戦争で犠牲となった兵士達が葬られている墓地があります。
広大な敷地には南軍旗を中心に南軍の州それぞれにまとめられて兵士達が眠っています。
その墓石を見ると、ほとんどは何も記されてない無名戦士ばかりです。
まれに墓石に刻まれた文字を見る事ができますが大概、将軍などの位の高い人達です。
ひとつひとつ州の名前を見て行くと北軍の州も混ざっていました。
きっとこの地で戦って戦没した兵士なのでしょうね。
南北戦争で亡くなった兵士達が葬られているのはここだけではありません。
ここだけでも無数の墓標を見る事ができるのですから全て合わせたら
どれだけの人達が命を落としたのかと思うとたまらなくなってしまいます。
a0241043_13452048.jpg

上部には「南部連邦墓地」の文字が。
a0241043_12363019.jpg

a0241043_133468.jpg

右上に掲げられているのが南軍旗。

この墓地の一角に「slave lot」奴隷だった人達が眠る一角があります。
a0241043_12472625.jpg

ここは白人だけの墓地です。なのにこの白人墓地にカラー人種が葬られるなんて事は考えられない事だったとは思いますが南北戦争も終結し奴隷も解放されここは差別の無い時代の始まりの一歩を感じさせてくれる場所だと私は感じました。
けれど苦しみはこの先何十年も続いてしまいます。
今現在でさえ地球上のどこかで戦い、人を憎み軽蔑し差別しています。
何故こんな事をしなきゃならないのでしょうね。
肌の色が違うだけで?話す言葉が違うから?信仰が違うから?
ヘンですよね?みんな同じ人間なのに。

そしてこの墓地に隣接してあるのが市民墓地。
アトランタで一番古いオークランド墓地(風と共に去りぬの著者、マーガレット.ミッチェルも葬られています)は有名ですがこの市民墓地もそこそこ古い墓地だと思います。
その中でも一番古いとされてるお墓がこの写真。
a0241043_13315522.jpg

家族で埋葬されてるのですが何と地上に埋葬されてるのです。
以前住んでいたニューオリーンズの埋葬の仕方はこういった地上埋葬なので
見慣れてはいましたがここアトランタで目にするとは思いませんでした。
他にももう一つ珍しいのが...
a0241043_13432275.jpg

これはvault。直訳すると地下納体堂。
アーチ構造の部屋に遺体が納められているのです。
因みに説明によると家族6体が安置されてるそうです。

あとフリーメイソンのメンバーであった方のお墓も沢山ありました。
その中のいくつかです。
しっかりとメイソンのマークが刻まれています。
a0241043_13464884.jpg

a0241043_13471016.jpg

実際この辺りには沢山のロッジが存在してます。

アイビーで覆われたお墓がありました。
こんな言い方をしては無礼に当たるかもしれませんがとても可愛らしいお墓でした。
a0241043_12433489.jpg


ストーリーのあるお墓には説明が書かれた看板が立っているのですが
その中の一つ。「lady in black」とタイトルのついた看板。
何故か惹き付けられた。気になる。
30℃以上もある暑い中、何十分も歩き回って足も疲れ切っていたのに気になって気になって
いつの間にか早足になってた。しかも坂道を。
沢山の家族が葬られその一家族のスペースは広いとは言えど何人もの人が並んで葬られているのに
このスペースは他とは似ても似つかない違った雰囲気を醸し出している。
他の場所の2倍はあるスペースにたった一つの墓石と優しい眼差しで墓石を見下ろす天使の像。
ここからしてストーリーがあるに決まってる。
読んでみると、姉妹の強い絆を感じるお話がそこにはありました。
そして何故「lady in black」というのかも。
1900年初頭、亡くなった姉の為に作ったお墓。それから48年もの間、妹は毎週2回はお参りに通い続けたそう。
しかもそのほとんどが徒歩だったそうです。
生涯を通して最愛の姉の死に深い悲しみを抱き続け喪に伏していた彼女は必ず喪服でお参りに来ていた事からこう呼ばれる様になったそうです。
a0241043_134558100.jpg


             * * * * * *

場所は変わってもう一つの墓地。
ここはnational military cemetery。
南北戦争から現在まで国の為に戦ってきた軍人達と家族が葬られています。
memorial day当日はここで毎年セレモニーがあり一つ一つのお墓には星条旗が掲げてあります。
南北戦争で亡くなった方の墓石には名前は刻まれてませんがそれ以降の墓石には名前と日付が刻まれています。
a0241043_13462122.jpg

a0241043_1352592.jpg

a0241043_13473921.jpg


丘の上から改めて墓地を見下ろしてみてこれだけの人達が戦争という醜い争いの犠牲になってきたのかと思うといたたまれない気持ちになるばかりでした。
幸い私もダンナの家族にも戦争で亡くした人はいません。
けれど世界中には沢山の心を痛めてる人達がいます。
私には願う事しか出来ませんが、もう、これ以上悲しむ人が増えない世の中になりますように...
[PR]
by honeysuckle10 | 2012-05-28 15:47 | holiday